墨 黄 染 錦
 

栃木県日光市作出の登録外品種で墨染錦の変異種と言われる。
緑色の地合いに黄斑が入り彩りを添える。秋の紅葉は綺麗な
茶褐色に彩られる。
 
 豊    寿
 


浜松市作出の登録品種でる。檜葉系中葉種
で砂子斑が
入り、秋には紫色の紅葉が見られる。
 
 
 極  牡  丹
 
黒牡丹の姫性・八房性と言われる登録外品種でる。
檜葉系短葉種の
青葉種で晩秋に淡い赤紫色に染まる。
  
 
 北 遠 ノ 花
 
静岡県産出の山取り変異種の登録外品種でる。
檜葉系中型葉で
特色は夏の純白にはぜる美しさにある。
 
 
 流     星


 
明星の細葉変異種といわれ、細葉明星ともいわれる。
   秋の紅葉はあざやかな赤橙色を散りばめて映える。
 
 
  日 光 牡 丹
 
日光市の作出の登録外品種で雲仙の変異種といわれる。
   特色は秋の紅葉であざやかな赤紫色に燃えて鮮やかである。  
 
 天 宝 獅 子
 
静岡県産出の登録外品種である。檜葉系中型葉で黄緑色の
地合いに日照斑が見られる。特色は古葉の先に着いた
長い胞子葉の存在に見られる。。
 
 
 紫    峰
 
玉織姫の変異種。檜葉系中型葉で夏には
白黄色の日照斑があらわれ、秋の紅葉は
爽やかな赤紫色に染まり見事である。
 
  天  龍  茜
 
静岡県産出の山取り変異種とされる登録外品種で、
名称は天竜川上流の採取に因んで付けられた。
檜葉系中型葉の青葉種で秋にきれいなこげ茶色の
紅葉が見られる
 
 久 慈 茜 花



久慈山地の山取り変異種と称される登録外品種である。
檜葉系中型葉で緑色の地合いに黄斑が彩る。秋の紅葉は
茜色に染まる。これからの検証が待たれる品種である。
 
 華  麒  麟



玉麒麟の変異種で檜葉系小型葉の登録外品種である。
晩秋の優雅な赤紫色に染まった紅葉実に素晴らしい。
 
紫    玉


 
黒牡丹の変異種で檜葉系短葉の玉型となる。
秋には紫光りして輝き映えて実に美しい紅葉美を

  見せてくれる。
 
赤  晃  龍

関西作出の登録外品種である。青龍の変異種で
秋の紅葉が赤色に染まり素晴らしく見事である。
 
 墨  玉  錦





墨玉獅子の変異種と称される登録外品種である。
夏には黄斑が見られて彩りが添えられ、秋には赤茶色の
紅葉が見られる

 
  龍 神 ノ 舞

龍神閣の変異種で龍葉のみに特化した登録外品種である。
この逆に龍葉の消失した龍神錦がある。
 
  常 盤 獅 子

常盤ノ光の変異種とされる登録外品種である。
檜葉系中型葉の半球型で葉先を巻き込む・
 
  墨 玉 獅 子

玉獅子の変異種と称される登録外品種である。
檜葉系中型葉で秋に赤茶色の紅葉を見せる。。
 
都    笠

都紅の変異種と称される登録外品種である。
檜葉系大型葉で秋の紅葉が赤紅色に染まる。
 
   宝  赤  錦



愛知県産出で瑞泉の変異種と称される登録外品種である。
檜葉葉系中型葉の登録外品種である。特色は秋の真っ赤に燃える
紅葉にありはそれは見事である。
 
   松  竹  梅

静岡県産出で金華山の変異種と称される登録外品種である。
秋の真っ赤に燃える紅葉は見事である。
 
   勝 田 富 士



茨城県産出の登録外檜葉葉である。
龍葉系大型葉種で上作は大変美しく富士之華の様相を呈する。
ベテラン愛好家でも間違える。培養のむずかしい品種である。 
 
    青 龍 ノ 花

青龍の変異種で茨城県作出の登録外品種である。
春、葉先から金斑が染め始め、夏には半ばまで
染まるが青葉を残し止まり青龍の姿を残す。
 
 福  恵  比  寿

君が代の太葉変異種で茨城県作出の登録外品種である。
檜葉系中型葉の濃い緑色の地合いに白色斑.刷毛込み斑・
爪斑が見られる。
 
 白  峰  龍

峰乃光の変異種と称されている。
黄緑色の地合いに白黄色斑があらわれて染まり、
乳白色感が漂う品種である。
 
墨 絵 黄 冠





墨絵ノ誉の変異種で茨城件作出の登録外品種である。
墨絵ノ誉に黄斑が現れ彩ったものである。夏には黄金の
日照斑が輝き実に素晴らしい
 
 華  金  襴



愛知県県作出で萌黄葉類の登録外品種である。
檜葉系中型葉で夏には夏には白黄色が光り輝き
実に素晴らしい
 
天  明  冠



燭光錦の変異種で丸葉燭光とも言われる登録外品種である。
檜葉系中型葉で燭光錦と斑と色芸はほぼ類似している。
 
 
トップページへ戻る
 
巻柏研究コーナー