趣味の世界には色々なグッズがあって人気を呼んでいる。巻柏界のグッズといえるものには「巻柏の古書」「銘鑑」「古鉢」「記念湯のみ茶碗」「記念テレホンカード」などがある。
ここでは愛好者の間に大変人気のある湯のみ茶碗を取り上げて紹介していきます。朝、夕にこのイワヒバ湯飲みで巻柏を眺めながら飲む茶は最高においしく爽快な気分にひたれるといわれます。限定品ですので容易に手に入らないのが現実であろうと思います。

記念湯のみ茶碗
現在残っている湯のみ茶碗では最古のものである。水戸園芸同好会が昭和40年代に作成し、関係者に配布されたもので、今ではめったに見られない骨董的なものとなってしまった。この湯飲みの特色は天保14年の銘鑑が記載されていることにある。

日本巻柏連合会が平成8年に創立50
周年、神代植物公園・全国展示会20周
年を祝って作成し、会員全員に配布した
ものである。銘鑑の最高稀貴品の
富士之華、丹頂、金麒麟、菊水殿、
金龍の4名称が記載されてある。
この湯飲みは全国の会員600余名に
配布されているので見る機会が多い。

茨城県巻柏同好会が昭和54年創立25
周年を祝って作成し会員に配布された。
銘鑑の最高稀貴品の5種「鳳冠・
富士之華・金麒麟・丹頂・泰平冠」が
記載されてある

茨城県巻柏同好会が平成8年創立50
周年を祝って作成し会員に配布された。
記載品種は茨城県から登録された
全品種名が記載されてある。

龍昇園(水戸市、園主・山野昇氏)が
「金猛虎」の登録を祝って作成し配布された
ものである。記載品種は銘鑑の代表的
品種である唐花、富士之華、都紅、
明星などである。

龍昇園(水戸市、園主・山野昇氏)が新登
録を祝って、登録者に笠間焼きで作成し、
プレゼントしたものである。この湯飲みを
見たことのある愛好家は地元の茨城
でも少ないと思われる。

平成15年に「いわひばの世界」
の発刊を記念して作成したものである。
記載品種は「巻柏十選」である。
記念テレホンカード
日本巻柏連合会が平成3年、創立45周年を祝って作成し、会員に有料で配布した
ものである。写真は富士之華で2種類ある。500円カードである。

東京の愛好者が愛培の巻柏を記念に作成し、関係者に配布したものである。写真は鏡獅子、守門龍、富士錦、鳳冠である。
トップページへ戻る
イワヒバ界のグッズ